効果的にウォーキングを楽しむための正しい姿勢の作り方5つのポイント

効果的にウォーキングを楽しむための正しい姿勢の作り方5つのポイント

皆さん、日頃歩いていますか?「歩こうと思ってるんだけど、なかなか時間が作れなくて…」「寒いのが苦手だから、温かくなったら始めようと思っていたの…」という方も多いのではないでしょうか?

ウォーキングは器具もいらないし、身体への負担も少ない。手軽に始められる全身運動の一つです。

せっかく歩くならば、より効果的な歩き方法で歩きたいですよね!そんな時に注意する点は次の5つ。

  1. 姿勢
  2. 足の運び方
  3. 腕の振り方
  4. お腹
  5. 口角

肩こり予防、免疫力アップ、ダイエットにも効果的!まずは手軽に始められるよう、簡単にできるポイントをお伝えします。

 

1.姿勢~肩を後ろにまわしてリラックス

正しい姿勢で歩くためには、正しい姿勢で立つ、ことがポイント。

かかとを揃え、つま先をやや開き、膝を軽く伸ばします。お腹を凹ませて、お尻を締めて立ちましょう。力を入れすぎてはだめですよ、緩やかに、がポイントです。

次は上半身。肩が前についている方が多いですから、肩を数回後ろに回し、胸を開きましょう。肩の力を抜きます。目線はご自分の目の高さ、遠くをみるように、アゴを引きましょう。

 

2.足の運び方~歩幅を広げ、一枚の板の上を歩くように

正しい姿勢をつくることが出来たら、実際に歩いてみましょう。お尻をやや締めて、歩幅はいつもよりほんの少し広めにしましょう。お尻の筋肉を使うことができて、ヒップアップにもなりますよ。

自分の足の横幅から出ないように、一枚の板の上を歩くようなイメージ。後ろ足の親指でしっかり地面を蹴りだしましょう。

3.腕の振り方~大きく後ろに

腕は後ろに大きく振りましょう。そうすることで、肩甲骨周りを動かすことができます。肩甲骨周辺には「褐色脂肪細胞」というのがたくさんあります。ここを活性化させることで、身体全体の脂肪を燃焼させ、エネルギーを作るそうです。肩こり予防にもなりますね。

4.お腹~おへそを引っ込めて腹筋を意識

正しい姿勢のところでもお伝えしましたが、歩くときに常にお腹にテンションをかけて腹筋が効いている状態にしましょう。意識することで、その筋肉を使うことができますよ。歩いているうちに、ついつい忘れるのですが、忘れたらまたキュッと引き締めたらよいのです。腹筋を小刻みに使いましょう。

5.口角~ニッコリ笑顔で

最後はお顔。口角を上げるだけでこんな効果があるそうです。

・幸せホルモン「セロトニン」が出る
・副交感神経が上がってリラックスできる
・免疫力が上がる

にっこり笑顔で。楽しくなくても楽しくなってきます。不思議です。脳をだましましょう。

最後に

以上5つのポイントをお伝えしました。どれも手軽にできることですので、まずは歩いてみましょう。歩いているうちに、色んなポイントは頭から離れてしまうかもしれません。でも、思い出した時にまた意識したらよいと思います。楽しく、自然を楽しみながら、ウォーキングを続けてみましょう。

リンパサロンサマトワでは、満月の夜に「満月ウォーキング」を行っています。あなたも一緒に歩いてみませんか?

こちらも合わせてご覧ください。

粕屋町駕与丁公園を歩く【満月ウォーキング】

 

 

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA