自分の強みを知ってイキイキと生きるきっかけに~【声紋分析心理学】

自分の強みを知ってイキイキと生きるきっかけに~【声紋分析心理学】

友達との何気ない会話の中でついつい人と比べてしまう。相手を羨ましいと思い、自分なんて、と強い劣等感を感じる…そんなことはありませんか?

実はかつての私がそうでした。自分に自信がなくて、いつも迷っていて。そんな自分がイヤだったし、なんとかしたいともがいていたんです。自己啓発関係の本を読みまくり、スピリチュアルなセッションを受けてみたりもした。それでもしっくりこなくて、悶々とした日々を過ごしていました。そんな時に出会ったのが「声紋分析心理学」。

これを受けて、自分に自信のない私が、実は「自分」というものを、しっかり持っている、ということがわかったんです。そして、その自分自身の心のうちを、自分の目でみることができた。

「私、このままで、いいんだ!」「もっと自分を出していいんだ!」となんだかすごく腑に落ちたんですよね。

結局、自分が感じていた自信のなさって、自分を知らないこと、自分の強みを知らない、ということだったんだと思います。

私にとっての新たな気づきがあった、声紋分析心理学。これがどんなものなのか、お伝えしたいと思います。

声紋分析心理学とは?

自分を知るためのツールとしては、血液型とか占いとか、心理テストとか、色々なツールがありますが、声もそのうちの一つ、と言えると思います。

声は人間の口や鼻のつくり、声帯の大きさなどによって決まっていますから、指紋と同じように個人を特定するもので、自分自身を表すのもの。

指紋や声紋は、個人を特定するためのツールとして、犯罪捜査などでも活用されていますしね。

その声を分析して、心理学や膨大な数の臨床データから意味づけを行っているのが「声紋分析心理学」です。こんなスゴイことを考え、データを検証していったのが、声紋分析心理学協会代表の柊木匠先生。

「理論があって、データがあって、真理になる」という言葉通り、データがないものは信用しない、という物理学者。なんちゃって鑑定ではなく、しっかりとした裏付けのがあるので、信頼できます。

声=こころや身体の音

ちょっと難しい話になりますが、この世界に存在するものは全て、固有の振動数(周波数)を持っているといわれます。草や木、動物、机も椅子もすべてそうです。そして私たち人間もしかり。身体の各細胞や思い、感情には周波数があって、それを表しているのが「声」なのです。

ですから、自分の発する声には身体の状態や心の状態、思いや感情などが現れます。それを読み取ることで、その人の持つ強みや弱み、ストレス具合なども分かるのですが、それを、自分の目でみることができる、というのがスゴイと思うんですよね。

「心はどこにあるの?」という質問は古来からよく問われてきました。古代ギリシアの哲学者、アリストテレスは「胸(心臓)にある」といい、同じく古代ギリシアの医者ヒポクラテスは「脳にある」ととらえていたそうです。

どこにあるかはわからないけれど、心というのは確かに存在していて、その心の状態を目でみることができる。それも自分が腑に落ちた点だと思います。

声紋分析心理学で分かること

声紋分析心理学では、個性を次の3つの組み合わせで見ていきます。

  • 意識・・・どこに意識があるのか?(顕在意識、前意識、潜在意識)
  • 判断基準・・・どこの感覚が優位なのか?(体感覚、聴感覚、視感覚)
  • 行動基準・・・誰に視点があるのか?(自分軸、相手軸、社会軸)

一番内側の円が潜在意識、ここに出ている色が自分の本質とも言えるでしょう。真ん中が前意識、習慣とか癖になっているところ、そして外側の円が顕在意識。意識してやっている、頭で考えてやっていること。

Red~Goldは体感覚、Yellow~Turquoiseは聴感覚、Blue~Magentaは視感覚を表します。

そして行動の軸がどこにあるのかを見るのは、Yellowが自分軸、Turquoiseが相手軸、Magentaが社会軸。

潜在的に持っているのに出せていない、それってストレスたまってるんじゃない?とか、潜在的に持ってないのに意識して出してる、それって無理してない?とか、そんな観点からも見ていきます。

潜在的なものは本来変わらないそうですが(変わる人もいる)、外側の意識はその日の体調などで変化するそうです。

自分の体調チェックだとか、心の状態をチェックするのに面白いですよね。

まとめ

先日も某会社様のイベントにお招きいただき、出張鑑定をやってきました。声で自分の状態がわかる、ということに、皆さん興味深々。

自分を知る、ってそれくらい大事なことなんだな、と思いましたよ。

あなたも、本当の自分を知ってみませんか?

声紋分析心理学鑑定は、リンパサロンサマトワ内で行っています。

 

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA