夏バテ防止に、いい汗をかいて夏を乗り切りましょう。

夏バテ防止に、いい汗をかいて夏を乗り切りましょう。

こんにちは。リンパサロンサマトワ西です。

暑い日が続いていますが、皆さん、いい汗、かいてますか?

Aさん

汗かくと臭くなるし、できるだけかきたくない、クーラーの効いた部屋でのんびり過ごしたい

そう思っているあなた。汗をかくって実はとっても重要なんです。いい汗をかくことがどうして重要なのか、その理由をお伝えします。

汗をかくことの意味

暑くなると汗をかく。当たり前のことなようですが、汗をかく、一番の目的は「体温調節」です。特に人間は脳が発達していますから、脳を守るために、汗をかくことで体温を調整しています。そのため、他の動物よりも汗腺が発達しているそうですよ。

人間の身体には生まれたときには500万個くらいの汗腺があるそうですが、実際に使われているのは日本人の平均で約230万個。半分以上は休眠状態にあるそうです。

さらに、汗をかく機会が少ないと、汗腺の働きは低下してしまうそうなので、体温調節のできにくい体になってしまいます。汗をかく習慣って実はとっても大事なんですね。

いい汗、悪い汗

汗の原料は血液。血球部分を除いた血しょう成分が汗となって排出されます。この時に、塩分やミネラル分などが、必要以上に排出されないように、汗腺で濾過されて体内に再吸収されます。この濾過機能がうまく働いていると、サラサラのいい汗、なのですが、濾過がうまくできないと、ベタベタの「悪い汗」となってしまいます。ベタベタの状態ですと、うまく蒸発できず、熱がこもりやすくなって、熱中症を引き起こすことも。

いい汗をかくためには

いい汗をかくためには、日頃から汗をかく習慣をつけておくこと大切です。エアコンの効いた室内にいたり、運動不足などで汗をかく機会が少ないと、汗腺の機能が衰えて、いい汗をかくことができなくなります。

そのため、日頃から汗をかく「汗腺トレーニング」というのをやるといいそうですよ。

汗腺トレーニングのやり方

「汗腺トレーニングの仕方」
1. まず、高温浴です。浴槽にかなり熱めのお湯(43度くらい、火傷をしないくらい)を少なめにはって、両手(ひじから下)と両足(ひざから下)を10分~15分くらいあたためます。この時、浴槽にイスをいれ前かがみになると効果的です。
これは、短期暑熱順化という原理で、四肢は汗腺の予備力が一番多いところでですので、能動汗腺を増やし、機能を高めるのには最も効果的なのです。
2.次は、微温浴です。1で入っていた熱めのお湯にぬるいお湯を足して、今度はぬるま湯のお湯に全身でつかり、リラックスして、高温で高まった交感神経を安定させるのです。
この時、お湯に酢をいれるとより効果的です。
3.お風呂からあがったら、十分水分をタオルで拭いてから、すぐに服を着ずに、そのまま汗を乾燥させます。目にみえない汗が汗腺から出やすくなり、機能を高めることができます。

参考~五味クリニックHP

この、高温浴、ってサマトワの「ゲルマニウム温浴」と同じですね(^^♪

まとめ

今年の夏は猛暑で、熱中症が気になりますね。日中屋外での活動は控えて、早朝や夜間など、時間帯を気を付けながら、いい汗をかきましょう。

Samatwa 西

  サマトワのリンパマッサージには、「汗腺トレーニング」にもなるゲルマニウム温浴がついています。是非お試しくださいね♪

 

福岡県粕屋町 リンパマッサージサロンサマトワ

 

 

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください